ピットから

車検 八千代の太洋自動車整備工場 > ピットから > 入庫車いろいろ② 車検&オイル漏れなど

このエントリーをはてなブックマークに追加

入庫車いろいろ② 車検&オイル漏れなど

 11月は仕事以外の部分で個人的に忙しく、気が付けば残り僅かです。

facebookの方はどうにか少しづつ更新していますが、ブログは時間が掛かるので遅れ気味です。(反省)


「印象に残った車を3台紹介します!~」と書きましたが2台目を書く前に、他にも印象的なクルマが次々と入庫。

ということで一念発起。2台目は車検&オイル漏れで入庫した ホンダ プレリュード(3代目)です!

  

パッと見から凄くキレイで、とても大切にに乗られていることが伝わってきます。

ホームページをご覧いただいてご来店いただいたお客様ですが、車検と一緒にオイル漏れも直したいとのこと。

よくよく話を伺っていると… 先日他のお店(ホンダのカスタム専門店)でオイル漏れ修理を頼んで、タイミングベルト一式も一緒に交換したものの全然オイル漏れが止まらない。ということでした。 そのお店にこの件を言ったら「次回入庫の時にでも長く預かれれば見ておくよ」と言われたそうです。下側を覗き込んでみると、現在進行形のみるみる滴る酷いオイル漏れ。

 

この際だから車検と一緒に直して欲しいと言われましたが、「きっと前のお店が責任をもって直してくれる筈だから車検はさておき車を見せに行った方が良いのでは…」とオススメしました。

後日、再びご連絡頂き入庫が決まりましたが… 結局のところ下を覗いて~「大したこと無いね~ そのうち直すから様子みて!」とパーツクリーナを拭き掛けて~ 以上。 だったそうです。

当店も含めて自動車の整備は人がやることなので、全てが全て完璧でいつも100点満点! ということはあり得ませんが、そのような時こそ真摯な対応が必要ではないかと、他山の石として学ばせて頂きました。

結局のところ、タイミングベルトの内側にあるバランサーギヤユニットからのオイル漏れで交換。

 

これ以外にも、ラジエターホース付け根部分(サーモスタッド)がアルミ腐食により冷却水滲みが発生していたので交換、

タイロッドのガタ⇒交換、オルタネーター(発電機)の予防交換なども行いました。

  

 

ここまで整備させて頂ければクルマはほぼバッチリ!ですが、更に追加でご英断頂いたもの。

それは… ヘッドライトUNITです。 ヘッドライトはいわばクルマの瞳。

  

ヘッドライトが輝くとクルマ全体の印象がまるで新車に戻ったようになります。

再塗装(コーティング)でも対応は可能な範囲ではありましたが、将来のことを考えるとやはり新品交換が最高です。

古いクルマの部品は年数を経ると共にどんどんと値上がりしてゆきます。可能であれば部品だけでも早めに手に入れておくと安心です。自分のBNR32型スカイラインのヘッドライトもどんどんと値上がりし、現在ではとても手が出せない価格となっています(笑)

自分の気に入ったクルマを末永く乗ってゆくって… 実は、エコ。 

そればかりでなく、とっても素敵なことだと思いませんか。


今回のお車を拝見して、自分も現在冬眠中の愛車BNR32スカイラインGT-Rを再始動したくなりました!

既に車庫証明&印鑑証明は用意しました。愛車の様子や今までの改善点などはこれから随時ブログ(ピットから&GT-Rレストア日記)にてご紹介して行きますのでお楽しみに!

不安や疑問をお電話でお問い合わせください。

国家一級整備士・整備技術コンサルタントがお答えします。

車や車検がよくわからない・・

過剰な売り込みはないか・・

ちゃんと整備してるのか・・

安全に走れるのか・・

車が大好きな国家一級整備士が

あなたの「不安」に

車検整備の「見える化」で

お応えします

0474843331

営業時間 平日8:30〜18:00